浴衣の作り帯・・・胴回りの付け紐はどの位置で結ぶの?

  • 2012.07.26 Thursday
  • 18:14
浴衣の帯結びは、「作り帯」なら簡単・・・と思ったのに、
作り帯の扱い方がわからない
というSOSが結構あります。
 
悩み始めてしまうと、手結びするよりもややこしいかも
 
浴衣用の作り帯は、
「リボン」と「胴回り」2つのパーツにわかれていて、
「胴回り」部分の両端には紐が縫いつけてあります。
 
 
 
↑作り帯が手元にないのでイメージです。
 
実際の作り帯には「リボン」の下に金具やプラスチックがついていて、
「胴回り」に差し込むようになっています。
 
「胴回り」部分の紐同士を結んで帯の中に入れ込むのは想像しやすいと思いますが、
ほとんどの人が迷うのは、
紐を「帯の上で結ぶか、下で結ぶか」だと思います。
 
歯切れの悪い話になりますが、
「上下どちらで結ぶのが正しいとも言い切れない」というのが私の見解です
 
それぞれの特徴と上手く結ぶためのポイントを挙げてみたいと思います。
 
付け紐を下で結ぶ場合
帯の締め具合から考えると、下で結ぶのが自然です。
「お太鼓結び」の作り帯の場合は、ほとんど必ず紐を下で結びます。
ただ「リボン」の作り帯の場合には、不自然な仕上がりになりやすいので、
胴回りの帯端や付け紐が「リボン」できれいに隠れるように「胴回り」を回転させます。
↑の部分をリボンで隠す
 
付け紐を上で結ぶ場合
付け紐を上で結んだ場合、紐がみぞおちを圧迫して苦しく感じたり、
帯の下側が緩む不自然な締め具合になるのが欠点。
 
ただ、胴回りの帯端を折り上げることで、
見た目は手結びに近い形に仕上げることができます。
 
 
 
↑の部分を内側に折り上げる
 
胴回りの模様に上下がある場合は柄の向きを優先しますが、
それ以外の場合、付け紐は上下どちらでも、お好きな方で。
どちらの場合も、胴回りとリボンがひと続きの帯に見えるよう、
不自然な部分を隠すのをお忘れなく!
 
そういえば昔、実家にあった作り帯の付け紐は
「片側が下、もう片側は上」で、
うまく締めることができた気がするのですが・・・
 
私が分解してしまって現存しないので、確かなことは言えません
少なくとも最近、そういうタイプのつくり帯は見かけませんね。

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>

ご案内

・着付け教室のご案内
・きもの・和装の着付け
・個人レッスン
・和装全般のご相談受付
・・・などを行っております。

↓詳しくは教室ホームページで!
ひとふたみ和装教室

SNS


友だち追加数

リンク

うぇぶさいず/webSai’s
(社)さいたま国際観光協会さんが運営。さいたま市の観光スポット案内や、イベント情報、さいたま市に関する最新情報がチェックできます!意外と知らないディープな地元情報も盛りだくさん!

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM