ここで差がつきます・・・袖の扱いで女子度UP!

  • 2012.08.11 Saturday
  • 15:33
キモノ姿で扱いに困るとよくうかがうのが「袖」と「裾」。
今回は「袖」の扱いについてです。
 
気をつけるのは
・肘や二の腕を見せないこと
・袖を何かに引きずったり引っ掛けたりしないこと
 
腕を伸ばすときには、反対の手を袖にそえます。
手を上に上げる時は可動範囲を控えめに、
脇をしめて、肘から先だけを上げるくらいがおしとやか
 
ゆっくり動けば、袖を引っ掛ける危険が減ります。
煩わしいかもしれませんが、キモノらしさが出る部分でもあるので、
ほんの少しだけ袖に気をつけて、動作を素敵に見せてくださいね
 
※余談※
キモノで作業をする際は、袖が邪魔にならないようタスキでまとめるのが合理的です。
ただし、きちんとした場面では外してくださいね!

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>

ご案内

・着付け教室のご案内
・きもの・和装の着付け
・個人レッスン
・和装全般のご相談受付
・・・などを行っております。

↓詳しくは教室ホームページで!
ひとふたみ和装教室

SNS


友だち追加数

リンク

うぇぶさいず/webSai’s
(社)さいたま国際観光協会さんが運営。さいたま市の観光スポット案内や、イベント情報、さいたま市に関する最新情報がチェックできます!意外と知らないディープな地元情報も盛りだくさん!

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM